スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ボクたちがサブプライムローン問題から学ぶべきこと

世界的恐慌を引き起こしたリーマンショック、そしてサブプライムローン問題。
常識では回収の見込みがない低所得者向け住宅ローンに傾倒した結果、世界経済を揺るがせてしまったこの問題の影響はいまだ尾を引いています。
サブプライムローン問題からはどのようなことを学ぶべきでしょうか?

2008年のリーマンブラザーズ倒産とそれに伴う世界的恐慌・リーマンショックは前年に起きたサブプライムローンの破たんが原因といわれています。

……詳しい記述は経済書などに任せておくとして、サブプライムローンは結局何がいけなかったのかという概要を把握できている人はまだまだ少ないんじゃないでしょうか?
かくいう私も、【サブプライムローンが何を引き起こした?】を読んで把握したんですがね

要するに、サブプライムローンとは低所得者(しかも多重債務あり)向けの住宅ローンのことで、折からのアメリカ版不動産バブルをさらに伸長させるために、銀行と証券会社が結託してばら撒いたもの。
証券会社がローン債権を証券化して証券市場に売りつけ、その資金をもとに銀行がサブプライムローンをガンガン貸し出すという仕組み

しかも返済不能になっても、ローン利用者は家を手放せば債務が消滅する「ノンリコースローン」だから気軽に家を買える。
不動産バブル絶頂期だから借りる側も手軽にかつ元手なしで家が買えるから財テクもできる。
みんな濡れ手で粟のぼろ儲け、まさに金融と不動産のコラボレーションによる現代の錬金術です。

で、この手法の問題点は市場がローン証券を買わなくなったら、不動産バブルがはじけたら、ローン利用者がいなくなったらポシャっておじゃんになるということ。

そういう問題点があることがわかっていても、走り出した列車からは誰も降りられない。いや、正確にはローン利用者以外は降りられない。家を手放せばローン返済というリスクはなくなるから。

バブル経済というものは泡に喩えられているように膨らむだけ膨らんだらパーンと弾けて消えるもの。
というかバブル経済がいつまでも続くのであればそれはハイパーインフレとかそういう別ジャンルの金融危機です。

2006年に入った途端、急ブレーキがかかったように不動産価格の上昇が急停止してアメリカの不動産バブルが終了
ローン利用者も「不動産価格上がらないしローン返せないから家売るわ」とばかりに次々に家ごと債務放棄し、サブプライムローンは焦げ付き、銀行と証券会社は仲良く負債地獄に落ちましたとさ、とっぴんぱらりのぷう

……と昔話風に締めてみたところで、サブプライムローンは何が悪かったのかを考えてみましょう。

サブプライムローン問題から学ぶべきことってたくさんあると思う

1.返済能力も返済意志もない人間に貸し付けた

サブプライムローン問題におけるダメなところはまずここだろうと。「お金はあげた気で貸せ」とはいうけれど、銀行がそれをやったらまず経営破たんするに決まってる。
というより、多重債務や返済不能な顧客として明らかにダメな相手に貸し付けて顧客増大・営業利益増加を図った時点で計画が破たんしていることに気付くべき。

2.ノンリコースローンでローン利用者のリスクを下げすぎた

日本ではあまり見かけない形態のローンであるノンリコースローン。
本来ならば担保である住宅を売却し、返済残高から売却額を差し引いて残額を返済させるべきなのに、貸付相手が返済できそうにないから担保を放棄すれば債務も一緒に放棄できるようにしたのが問題点。
「債務の返済ができる」ということこそがローンにおける一番の担保なのにねー。

3.どう考えても焦げ付く債権を優良証券に仕立てた

これはある意味自業自得。
ローン資金の確保のためとはいえ、売れそうにないものを高値売買できるようにして売り出すのは詐欺じゃないのかと。
サブプライムローンの証券売買に首まで浸かっていたリーマンブラザーズは因果応報的に破たんする結果になりました。ローン証券の優良化に加担した格付け機関はほとんど無傷なのが気に食わないところですが。

これらのことから学ぶべきは

  1. お金を貸す相手は選べ。できれば利子を付けて返すのが当たり前と思っている人だけに限定しろ。
  2. 「お金を借りる」ということ自体がリスクである。背負いきれるリスクかどうかはよく考えろ。
  3. うまい話には裏がある。というかそんな良い儲け話を持ってきたやつが投資してないのは怪しい。

ということではないかと。


スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

関連する記事

    Recommend

    ≪Blu-ray Disc Formation≫(数量限定生産)6300円(税込)

    ≪Blu-ray Disc Formation≫(数量限定生産)6,300円(税込)
    CD+Blu-ray Disc(11月20日に開催された「Minori Chihara Acoustic Live 2011」を完全収録)
    スペシャルブック・豪華パッケージ

    ≪DVD Formation≫(数量限定生産)3800円(税込)

    ≪DVD Formation≫(数量限定生産)3,800円(税込)
    CD+DVD(11月20日に開催された「Minori Chihara Acoustic Live 2011」を完全収録)

    Calendar

    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    Categories

    Archives

    New Entries

    Links

    Profile

    search this site.

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM